鯛めし

大下清美さん / 大下水産

海の豊富な自然に恵まれた、三重県南伊勢町にて鯛の養殖をし、食べ方まで一貫して提案。リアス式海岸で穏やかな海の特性を活かし、美味しい鯛を探求しています。食べても飽きない、また食べたいと思って頂ける鯛を作りたいという想いから”寶鯛”(たからたい)を生み出し、毎日真心込めて育んでいます。

メッセージ

鯛飯に使った頭の所の骨の一部に姿が鯛に似た骨があります。「鯛の鯛」を探してみてください。こんな所に!って思うところにありますよ。お料理すること、食べることで少しでも楽しい時間を。そして一日も早く明るい空気が町中に広がりますように。

レシピのポイント

鯛のうまみが土鍋でより引き出された、簡単な鯛めしです。

使用鍋

Classic MISHIMA ごはん土鍋 3合

*こちらは2合〜3合炊きになります

材料(2合分)

・お米 2合

・水 400cc(200cc/合)

・酒 大さじ2

・塩 小さじ1

・鯛

・昆布

*お好みで青しそとしょうがを添えてください。 

作り方

① 鯛は焼いて焦げ目をつけておく。

② お米を研ぎ、土鍋に入れ、1合につき水200ccを入れる。調味料として、酒大さじ2、塩小さじ1を入れる。昆布と鯛をのせて30分ほど浸水させる。

③ 鍋底に炎が広がるくらいの中火~強火の火にかける。

④ 沸騰して蓋の穴から蒸気が出てきたら火をとめて、20分蒸らす。

⑤ 蒸らし終わったら、鯛を取り出し、ほぐして骨を外す。

⑥ 鯛を鍋にもどして、よく混ぜて出来上がり。お好みで青しそ、しょうがを添える。

詳細

大下水産

所在地 / 〒516-0116 三重県度会郡南伊勢町迫間浦 1188-19

tel / 0599-64-2124

website / http://oshitasuisan.com/ 

コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。