いさきのアクアパッツァ & 魚介出汁パスタ

新倉賢人 さん / フードコーディネーター

東京、山形、イタリアのレストランで料理を学び、現在は料理人、フードコーディネーターとして飲食店をサポートとプロデュース活動。現場を知る料理人からの視点で、料理に関する様々な活動をしていけたらと日々料理に向き合う。

メッセージ

外出自粛などでストレスの溜まる日々ですが、料理には人を笑顔にする力があると思います。美味しい料理は自分が食べるのはもちろん、美味しいと言って貰うのも幸せになれます。

レシピのポイント

旬のイサキを使ってアクアパッツァを作り、一緒にもう一品イサキとアサリから出る出汁でパスタを作り魚介の旨味を吸わせました。

使用鍋

菊花 9号

材料(2人分)

アクアパッツァ

・イサキ 2枚

・あさり 20~30個

・ミニトマト 8個

・ブラックオリーブ 4個

・白ワイン 60ml

・水 150ml

・イタリアンパセリ 適量

・オリーブオイル 適量

・塩、胡椒 適量

 

パスタ

・お好みのパスタ(乾麺) 100g

・イタリアンパセリ 適量

・ミニトマト 6個

・ニンニク 1片

<下準備>

・あさりは3%の塩水で2~3時間砂出しをする。

・イサキは鱗、内臓、エラを取って処理をし軽く塩と砂糖を振って、2~3時間冷蔵庫で寝かせる。魚から水分が出るのでキッチンペーパーなどで良く拭き取る。皮に斜めに切れ込みを入れておく。

・ミニトマトは2等分、ブラックオリーブは種を取り輪切り、イタリアンパセリは粗めの微塵切りにしておく。

作り方

アクアパッツァ

① 菊花土鍋にオリーブオイルを引き、中火で魚に焼き目を付ける。鍋に触れていないエラの部分などには熱された油をスプーンでかける。油で火を入れる事で臭みを消す。

② 焼き目が付いたらペーパーで余分な油を吸い、白ワインを入れアルコールを飛ばす。アサリ、ブラックオリーブ、水を入れる。アサリの口が開き、ある程度に詰まったら魚を裏返しミニトマトを入れさらに煮詰める。

③ スープの味見をし、塩こしょうで味を整える。お皿に盛りオリーブオイル、イタリアンパセリを散らしたら完成。

魚介出汁パスタ

① 別鍋でお好みのパスタを塩の入った湯で茹でる(表記時間より30秒から1分ほど早めにあげると魚介の出汁を麺が良く吸ってくれます)

② 土鍋の残っている出汁に薄切りにしたニンニク、ミニトマトを入れ再び火にかけ沸騰したら火を止めておく。 

③ 茹で上がったパスタを土鍋に入れ火にかけ、軽く沸騰させながら出汁を麺に吸わせていく。麺の固さをチェックしアルデンテに仕上がっていれば火を消し、バージンオイルを入れて軽く麺を混ぜたら完成。

 

詳細

 Instagram / https://www.instagram.com/kent.ita/

コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。